rabiesProMEDのブログ

狂犬病臨床研究会から発信するProMEDの訳文です

埼玉県狂犬病流行史より 人の症例について

狂犬病は悲惨な病気です。かつて日本では狂犬病が流行し、多数の人や動物の命が奪われていました。しかし先人達の命を賭した努力によって我が国から狂犬病は姿を消しました。今は幸い狂犬病は発生していません。もう60年以上が経過し狂犬病の恐ろしさを知る人はほぼいらっしゃらないでしょう。

しかし、流行当時のことを忘れないためにと国内には記録がいくつか残っています。これからご紹介するのは昭和28年4月に刊行された埼玉県狂犬病流行史という本です。この中にはさまざまな統計データ以外に狂犬病を発症して亡くなっていた人の症状や経過が多数記されています。

その一例をご紹介します。お読みになると狂犬病予防がいかに大切かがお分かりになると思います。

 

患者第1号 女 71歳

昭和19年6月16日に畜犬に左背及び左手掌を咬傷され、その後これに対して予防接種は行わず放置しておいたが、咬傷日より45日後、すなわち昭和19年8月1日より恐水病(狂犬病のことです)を発症し、8月6日死亡している。その経過を下に示す。

8月1日午前9時頃より、既存の被咬傷治癒部に、痒感があり、全身倦怠と頭重とを訴えていた。

翌2日目にいたり、局所に「しびれ」感があって、それが、漸次向上し、手背より前腕に、さらに上腕に達し、本人は神経痛のためと思っていた。

3日目は肩に達し、患者は肩が張ると称し、同時に、頭痛及び咽頭部の変状を訴えていた。食欲は1日頃より不振となり、当初においては、「例年の夏まけで胃がおこった」と言っており、2日目、3日目と漸減してきた。

4日目、朝1椀(かゆ)を喫した以後は、食物を嫌い、絶食状態になり、しきりに咽頭部の変状を訴え、最初、氷を含むも後にはむせて、ついにこれを嫌避するようになった。盛夏の候で、患者は咽喉がかわくので、家族のものが番茶を汲んで患者にすすめるにこれを嫌って振り払い、直ちに痙攣発作を生じて、苦悶し始めた。

午後になって病勢が次第に亢進し、看護人が患者の汗を拭うべく、手拭いを患者の顔面1尺(30cm)のところに近づけると、これを嫌い、直ちに反射痙攣を起こして、苦悶する。また、非常に風をきらい、盛夏たるに室内を障子にて閉め切り、枕元に屏風をたて、なお「風が来る」と言って、後には患者の周囲にいる看護人の呼気も嫌うようになる。夜中は一夜中不穏不眠状態が続いた。

5病日に至れば、「けいれん」の発作とともに、苦悶狂騒の状激甚となり、発作と同時に、病床に両手をつき、前半身をおこして「ウオー ウオー」と犬の遠吠えのような大声を発し、その異様な呼声は腹の底から絞り出すごとき粗励で太い、しゃがれ声であり、病室より、30間(54m)位前方の県道の通行人に、犬の遠吠えとして聞こえたと言われる。同夜1時頃より、狂騒痙攣極度に達し、この発作と同時に「ウオー」と言って、突然病床に起立して後、横転し、あるいは後倒し、又は床の周囲を苦悶しつつはいまわり、最極期には「ウオー」とうめいて病床に跳ね飛び起き、しかして、転倒する等、ために、近親者3人にて、患者の左右の腕及び身体をおさえるに、なお、力及ばず飛び立てる状態となった。

71歳の老婆が、顔面蒼白にして、頬は痩衰し、頭に白髪を振り乱して、落ち窪んだ目で、一箇所を凝視して、突然異様な呻き声を発して、飛び跳ねるは、誠に悲惨な状景で、看護人や近親者をして「なんの因果なるかな」と悲嘆せしめたという。

3時以降には興奮狂騒状態幾分衰え始めたが、しきりに流涎は続いていた。

第6病日「死日」午前6時頃 体温38.9度 脈拍130 少々微弱である。

興奮狂騒後は、次第に沈衰し、痙攣発作は約10分間隔位に短縮して来、発作沈静時は意識明瞭であるが、午前8時頃より麻痺の状態が顕著となる。疲労衰弱は次第に加わってきて、間欠的な痙攣発作時は苦悶するが、起き上がる力はなく、横臥または伏臥姿勢で、鈍弱な嗄声(しゃがれ声)を発し、絶えず涎を流している。意識は漸次減退して来、不安、恐怖が強くなり、幻覚に襲われるようになった。

午後2時30分頃、発熱36.6度、意識不明となってきた。痙攣は軽度で咽喉部を中心としておこり、眼光鋭く、一箇所を凝視するも、視覚なく、鈍弱な嗄声と共に胃液を含む黄色な唾液を鼻及び口より多量に出し、口は常に開いたままで、かにの泡のように絶えず涎となって流れ、口、唇及び頬を非常に不潔に汚している。

漸次全身脱力衰弱し、呼吸困難となりて、重篤症状を呈してきた。

遂に6日午後3時40分死の転機をとった。

狂犬病(09)ユーラシア(ウクライナ、インド、イスラエル)ネコ、人、ウシ、制御

RABIES (09): EURASIA (UKRAINE, INDIA, ISRAEL) CAT, HUMAN, COW, CONTROL

※和訳は正確を期していますが、必ず原文を参照してくださいますようお願いします。


In this post:
[1] Ukraine: vaccination of evacuated pets

 ウクライナ:避難動物へのワクチン接種
[2] India (Andhra Pradesh): cat, human fatality, RFI

 インド(Andhra Pradesh):ネコ、ヒトの死亡例、情報提供依頼
[3] Israel (Northern): cow, human exposure

 イスラエル(北部):ウシ、ヒトの暴露

******
[1] Ukraine: vaccination of evacuated pets

   ウクライナ:避難動物へのワクチン接種

Date: Fri 4 Mar 2022

日付:2022年3月4日(金)
Source: International Fund for Animal Welfare [abridged, edited]

情報源:国際動物福祉基金[抄訳・編集]
https://www.ifaw.org/news/resources-flee-ukraine-pets

We've collected a list of resources for families fleeing Ukraine with their pets and, as of 4 Mar 2022, have verified the details below. Please share this information with anyone who may be trying to evacuate with their pets. Several countries have plans to accept pets at border crossings. While pets must normally be vaccinated and microchipped to cross an international border, the countries below have agreed to an exception during this crisis. In most cases below,
if a pet is not vaccinated or microchipped, the receiving country will vaccinate and microchip the pet upon entry.

我々はウクライナからペットと一緒に避難する家族のための情報源を集め、2022年3月4日現在、以下の内容を確認している。ペットと一緒に避難しようとしている人達に、この情報を是非共有して欲しい。いくつかの国では、国境通過時にペットを受け入れる計画がある。通常、ペットは予防接種とマイクロチップを付けて国境を越えなければならないが、今回の危機に際し、以下の国は例外として受け入れることに合意した。以下のようにほとんどの場合、ワクチンやマイクロチップを装着していないペットは入国時に受け入れ先でワクチンとマイクロチップを装着する。

We are extraordinarily proud of the countries who have made it possible for families to evacuate with their pets. Lithuania's director of State Food and Veterinary Service, Mantas Staskevicius, said, "We cannot be unconcerned about the people running from this horrible situation. Many Ukrainians will be traveling with their beloved pets, so we will help to find them the safest shelter."
家族でペットと一緒に避難することを可能にした国々に対して、格別の敬意を感じる。リトアニアの国家食品獣医局局長のMantas Staskevicius氏は、「この恐ろしい状況から逃げ出す人々に対して、無関心ではいられない」と述べた。さらに多くのウクライナ人が愛するペットと一緒に避難していると思われ、彼らに最も安全な避難所を見つける手助けをしたいと述べた。
--
Communicated by:
ProMED

[The countries listed in the announcement are Belgium, Denmark, Ireland, Netherlands, India, Germany, Italy Finland, Romania, Poland, Hungary, Slovakia, Lithuania, Latvia, Estonia, and the Czech Republic. Possible changes/additions and the detailed veterinary health requirements relating to the introduced pets are available at the source URL above. - Mod.AS
ベルギー、デンマークアイルランド、オランダ、インド、ドイツ、イタリア、フィンランドルーマニアポーランドハンガリースロバキアリトアニアラトビアエストニアチェコの各国がリストにあがっている。変更・追加の可能性、および入国するペットに関する詳細な獣医学的要件は、上記の情報源のURLから入手可能であるる。-モデレーターAS
ProMED map of Ukraine:
https://promedmail.org/promed-post?place=8701906,123]

******
[2] India (Andhra Pradesh): cat, human fatality, RFI

 インド(Andhra Pradesh):ネコ、ヒトの死亡例、情報提供依頼
Date: Sun 6 Mar 2022 9:02 a.m. IST

日付:2022年3月6日日曜日インド標準時午前9時02分
Source: The Hans India [edited]

情報源:The Hans India [編集済]
https://www.thehansindia.com/andhra-pradesh/andhra-pradesh-two-women-dead-due-to-rabies-caused-by-cat-bite-in-krishna-district-732139

In a tragic incident, 2 women have died of rabies after being bitten by a cat in Vemulamada in the Movva mandal of Krishna district [Andhra Pradesh State]. Going into the details, retirement RTC conductor SBR's wife [K] (64) from Vemulamada SC colony and [N] (43), wife of RMP doctor BB from the same colony, were bitten by a cat 2 months ago. At the time, both women had undergone TT [tetanus toxoid] injection and were on medication.
Krishna県(Andhra Pradesh 州)のMovva mandalのVemulamadaで、2人の女性が猫に咬まれ、狂犬病で死亡する痛ましい事件が発生した。詳しく説明すると、Vemulamada SC植民地に住む退職RTC指揮者SBRの妻[K](64)と、同じ植民地に住むRMP医師BBの妻[N](43)が2ヶ月前に猫に咬まれた。当時、2人ともTT(破傷風トキソイド)注射を受け、投薬治療を受けていた。


They were doing their job as usual after relief but 4 days ago, [K] and [N] went to a corporate hospital for treatment due to a change in their health. However, it did not improve. [K] died at 10 am on Saturday [5 Mar 2022] while undergoing treatment at the Mangalagiri NRI Hospital in Guntur district. [N] underwent treatment at PHC on Friday [4 Mar 2022] and was admitted to a corporate hospital in Vijayawada as per the instructions of the doctors there. She also died
Saturday morning [5 Mar 2022] while receiving treatment.
彼女たちは安心していつも通り仕事をしていたが、4日前、KとNは体調の変化から企業病院で治療を受けた。しかし、症状は改善しなかった。[K]はGuntur地区のMangalagiri NRI病院で治療中の土曜日(2022年3月5日)の午前10時に死亡した。[N]は金曜日(2022年3月4日)にPHCで治療を受け、医師の指示によりVijayawadaの企業病院に入院したが、土曜日の朝[2022年3月5日]、治療中に死亡した。


Medical officer Dr Shonthi Sivarama Krishna Rao said 2 of the dead women were infected with rabies. He said the body was poisoned due to untimely medical services. The villagers said that the cat that bit the women was bitten by a dog and the dog also died a few days later.
医務官のDr Shonthi Sivarama Krishna Raoによると、死亡した女性2人は狂犬病に感染していたとのことである。彼は不適切な医療行為により、身体が毒に侵されたと言った。村人によると、女性を噛んだ猫は犬に噛まれ、その犬も数日後に死亡したとのことである。
[Byline: Pavan Kumar Bandari]
[担当:Pavan Kumar Bandari]
--
Communicated by:
ProMED

[This case deserves further investigation. The rather short course and the full simultaneousness of the clinical stage of the reported fatal disease, in both patients, is noteworthy. More details of their initial anamnesis, the considerations behind the decision to administer only a tetanus toxoid (TT) injection, the refraining from rabies post-exposure treatment, as well as the medication both were receiving after the initial treatment will be helpful.
Another news report (https://www.daijiworld.com/news/newsDisplay?newsID=933925),
mentions that "according to villagers, the cat was infected by rabies as it was bitten by a rabid dog earlier. The cat also died subsequently." Additional information (domestic or stray? contacts?) deserves to be sought. - Mod.AS
このケースはさらなる調査が必要である。両者とも経過が短く、報告されている致死的な疾患の臨床経過が完全に同じであったことは注目に値する。両者の初期症状、破傷風トキソイド(TT)注射のみとした背景、狂犬病曝露後治療の中止、初期治療後の両者の治療内容について、より詳細な情報が必要であろう。

別の報道(https://www.daijiworld.com/news/newsDisplay?newsID=933925)では、村人によるとこの猫は以前に狂犬病の犬に噛まれたため、狂犬病に感染し、その猫もその後死亡したとのことである。追加の情報(家畜か野良か、接触者か)が必要とされる。

モデレーターAS


ProMED map of Andhra Pradesh State, India:
https://promedmail.org/promed-post?place=8701906,297]

******
[3] Israel (Northern): cow, human exposure

イスラエル(北部):ウシ、ヒトの暴露
Date: Sun 6 Mar 2022

日付:2022年3月6日日曜日
Source: Outbreak News Today [edited]

情報源:Outbreak News Today [編集済]
http://outbreaknewstoday.com/cow-infected-with-rabies-in-tuba-zangaria-upper-galilee-80335/

The Israel Ministry of Health reported on a cow infected with rabies found in Tuba-Zangaria (in the pasture between Tuba and Moshav Elifelet), in the Upper Galilee last week [Northern/Hazafon District].
イスラエル保健省は先週、上部ガリラヤのTuba-Zangaria(TubaとMoshav Elifeletの間の牧草地)で見つかった狂犬病に感染した牛について報告した[北部/Hazafon地区]。


Two people are known to have been exposed to the cow and are receiving rabies post-exposure prophylaxis (PEP).
2名がこの牛に暴露したことが確認され、狂犬病曝露後予防措置(PEP)を受けています。


Health officials ask anyone who has been in contact with, or whose animals came in contact with, the infected animal or a stray animal in the area of the incident on the dates of 14 Feb to 28 Feb [2022] to contact the Safed Health Bureau urgently, phone 04-6994257, 04-6994200, or contact the health bureau nearest to the place of residence to weigh the need for preventive care.
保健当局は、2月14日から2月28日(2022年)の間で、感染動物や事件発生地域の放浪動物と接触した人、または当該動物が接触した人は、至急Safed保健局(電話04-6994257、04-6994200)に連絡するか、居住地に近い保健局に連絡して、予防医療の必要性について診断をうけるよう求めている。


The Ministry of Health again reminds those who have been bitten or scratched by an animal to immediately wash the area with running water and soap, disinfect with disinfectants, and approach the Health Bureau to check if preventive treatment against rabies is needed.
動物にかまれたり、ひっかかれたりした場合は、直ちに流水と石鹸で洗い、消毒剤で消毒し、狂犬病の予防治療が必要かどうか保健所に相談するよう、保健省は改めて呼びかけている。
--
Communicated by:
ProMED

[ProMED map of Israel:
https://promedmail.org/promed-post?place=8701906,90

This is the 8th lab-confirmed rabies case in northern Israel since 1 Jan 2022; the others were 5 jackals and 2 dogs in 7 different locations.
2022年1月1日以降、イスラエル北部において研究所で確認された狂犬病患者は8例目で、他は別々の7か所でジャッカル5例、犬2例であった。


In the meantime, Israel's parliament (the Knesset) is debating a bill in which unowned, stray-feral dogs will be collected but, in difference with the prevailing legislation, be released after being vaccinated, or sterilized/neutered. The feral dog population is estimated at 30 000; Israel's owned, certified dog population (2020 data) exceeds 500 000 pets, of which about 460 000 are rabies vaccinated. Several professional bodies, including Israel's One Health, Nature Protection, and Municipality veterinarians have expressed their reservations. The discussions are being continued.For an interactive map presenting Israel's confirmed rabies cases in animals during 2021, please see
https://www.arcgis.com/apps/webappviewer/index.html?id=7cb6e4996327423e857dd6470a449e75 (dogs - pink, jackals - aqua).
- Mod.AS]
一方、イスラエル議会(Knesset)では、野良犬を捕獲し、ワクチン接種や不妊・去勢手術をしてから放すという現行法とは異なる法案が審議されている。野良犬の数は3万頭と推定され、イスラエルで飼育されている犬は(2020年データ)は50万頭を超え、そのうち約46万頭が狂犬病予防接種を受けている。イスラエルのワンヘルス、自然保護、自治体の獣医師など、複数の専門機関が難色を示している。2021年にイスラエルで確認された動物の狂犬病の症例を示す地図については、以下を参照してください。

https://www.arcgis.com/apps/webappviewer/index.html?id=7cb6e4996327423e857dd6470a449e75(犬-ピンク、ジャッカル-水色)。

- MOD.AS】をご覧ください。]


[See Also:
Rabies (06): Eurasia (Israel, Malaysia, Turkey) dog, owned, stray,
human exp http://promedmail.org/post/20220222.8701585
2021
----
Rabies (31): Eurasia (India, Israel, Ukraine), Africa (S Africa)
human, animal http://promedmail.org/post/20210827.8626789
Rabies (25): Asia (India, Nepal) human, dog; (Israel) jackal, human
exp http://promedmail.org/post/20210711.8511091
2020
----
Rabies (32): Asia (Malaysia, Bhutan) human, dog
http://promedmail.org/post/20201205.7995796
Rabies (19): Asia (Malaysia, Indonesia, Japan ex Philippines) animal,
human http://promedmail.org/post/20200628.7517416
Rabies (16): Asia (Israel) cattle, regional aspect, control
http://promedmail.org/post/20200606.7433999
2018
----
Rabies (31): Africa (Kenya), Asia (Israel, Malaysia, Viet Nam) human,
animal http://promedmail.org/post/20180611.5850724
Rabies (22): Asia (Malaysia, Israel), Europe (UK), WHO (global) human,
animal http://promedmail.org/post/20180505.5786343
Rabies (09): Asia (Israel) wildlife, spread (India) human, treatment
modified http://promedmail.org/post/20180203.5604913
Rabies (03): Asia (Israel) wild, domestic, OIE
http://promedmail.org/post/20180110.5550871
2017
----
Rabies (26): Asia (India, Nepal, Pakistan) Africa (Algeria) animal,
human http://promedmail.org/post/20170616.5109529
2016
----
Rabies, animal, human (11): Turkey, India, Israel
http://promedmail.org/post/20160923.4510261
2013
----
Rabies - Ukraine: human cases
http://promedmail.org/post/20130929.1974826
2011
----
Rabies - Ukraine (04): (KK), clarification sought
http://promedmail.org/post/20111102.3257
Rabies - Ukraine (03): (KK), feline, human exposure
http://promedmail.org/post/20111029.3219
Rabies - Ukraine (02): (KV) feline, human exposure
http://promedmail.org/post/20110306.0744
and other items in the archives]
.................................................sb/arn/tw/mj/jh

狂犬病(08):ヨーロッパ(スペイン)犬、人曝露

RABIES (08): EUROPE (SPAIN) DOG, HUMAN EXPOSURE

※和訳は正確を期していますが、必ず原文を参照してくださいますようお願いします。

 

Date: Wed 23 Feb 2022 10:00 PM CET

Source: Animal's Health [in Spanish, trans., abridged, edited]

https://www.animalshealth.es/animaladas/confirmado-perro-rabia-melilla-mordio-varias-personas-tenia

 

On Wed 23 Feb 2022, the Government of Melilla confirmed a new case of rabies in a dog.

2022年2月23日、メリリャ政府は犬の新しい狂犬病症例を確認した。

According to the General Directorate of Public Health and Consumer Affairs, the (about) 6 months old animal presented exceptional aggressive behavior on Mon 21 Feb 2022 and was captured the same day near the Beni Enzar border. A warning was published, encouraging the public to report any exposure to the suspected puppy before its collection.

公衆衛生及び消費者問題総局によると、2022年2月21日月曜日に(およそ)生後6か月の動物が、異常な攻撃的行動を示し、同日ベニエンサール国境近くで捕獲された。一般市民に対して捕獲前の疑症子犬とのすべての暴露を報告するようにと警告された。

The authorities have published today [23 Feb 2022] that the animal bit one person in the port at 5:30 a.m. on 21 Feb 2022, at 7:30 another (and his dog) in the Hippodrome neighborhood, and at 10 a.m., another person was bitten in the upper part of the Sepes industrial estate. Before being captured, another 2 people were bitten near the border.

当局は、本日(2022年2月23日)その動物が2022年2月21日午前5時30分に港で一人を咬み、7時30分にヒッポドローム地区の人(及び彼の犬)を咬み、10時にセぺス工業団地の上部でもう一人を咬んだ。捕獲される前、国境近くでさらに2名が咬まれた。と公表した。

So far, there are 5 people known to have been bitten by the dog. They are undergoing prophylactic anti-rabies treatment.

これまでのところ、5名がその犬に咬まれたことがわかった。彼らは予防的な狂犬病治療を(曝露後免疫処置)受けている。

In addition, an attempt is being made to locate a man who had contact with the animal before it was captured and whose affiliation is unknown.

さらに、その動物が捕獲される前にその動物と接触した身元不明の男性を捜索している。

The General Directorate of Public Health and Consumption is in search of the origin of the dog and requests public help in locating other possible contacts and bites, especially the man who tried to hold the animal, trying to prevent it from biting the last 2 people in the vicinity of Beni-Enzar.

公衆衛生及び消費者問題総局は、その犬の出所を探索しており、この他の接触や咬傷事故の可能性がある人、特にベニエンサールの近郊で最後の2名が咬まれることを防ぐためにその動物を押さえつけようとした男性を見つけるための援助を公に求めた。

This case is the 7th rabies-positive dog in the autonomous city since the outbreak began about 5 months ago, in September 2021, and the 3rd case in 2022.

この症例はその自治都市における2021年9月以来約5か月前にアウトブレイクが始まって以来7番目の犬の狂犬病陽性例であり、2022年になって3例目である。

The current case takes place a month after the previous rabies-positive case, which also occurred in another puppy. In fact, after the detection of this case, Melilla authorities admitted that they were looking for the puppy's possible littermates.

現在の事例は、前回他の子犬症例が発生してから1か月後に起こっている。実際、この事例の発生後、メリリャ当局はその子犬の同腹子犬である可能性を考えていたことを認めた。

 

--

Communicated by:

ProMED Rapporteur Kathryn Soderholm

 

[Rabies in puppies may, at times, lead to a large number of human exposures, and delayed recognition with potentially fatal outcomes. This, due to atypical disease signs and, in many cases, children being exposed. Luckily, the animal described in Melilla did present apparent behavioral changes, which were observed by attentive observers, leading to timely, active response of the authorities and the early detection and treatment of (hopefully, eventually all) of the exposed persons. The epidemiological investigation is being continued.

子犬の狂犬病は、時に多数の人への曝露につながり、確認が遅れると致命的な結果を招く可能性がある。 これは、非定型の病気の兆候と多くの場合子供が暴露されるためである。 幸いなことに、メリリャで説明されている動物は、注意深い観察者によって観察された明らかな行動の変化を示し、当局のタイムリーで積極的な対応と、曝露された人の(願わくば、最終的すべての)早期発見と治療につながった。 疫学調査は継続中である。

Mod.CRD's commentary in http://promedmail.org/post/20211024.8699231 is applicable:

"Spain (peninsular territory and islands) has been free of terrestrial rabies since 1978, with the exception of the case of rabies imported from Morocco declared in June 2013. The vaccination campaigns carried out in dogs gave excellent results, eradicating the disease in the entire national territory. Only in the Autonomous Cities of Ceuta and Melilla are there sporadically imported cases of rabies, in dogs and some horses."

(https://www.mapa.gob.es/es/ganaderia/temas/sanidad-animal-higiene-ganadera/sanidad-animal/enfermedades/rabia/Rabia.aspx)

(translated from Spanish).

Mod.CRDのコメントがhttp://promedmail.org/post/20211024.8699231で閲覧できる。

「スペイン(半島の領土と島々)は、2013年6月にモロッコから輸入されたと公表された狂犬病の事例を除いて、1978年以来陸生狂犬病フリーであった。犬のワクチン接種キャンペーンは優れた結果をもたらし、全国の狂犬病を根絶した 。セウタとメリリャの自治都市でのみ、犬や一部の馬に散発的に輸入狂犬病が発生している。」 (https://www.mapa.gob.es/es/ganaderia/temas/sanidad-animal-higiene-ganadera/sanidad-animal/enfermedades/rabia/Rabia.aspx) (スペイン語から翻訳)。

 

"Spain has a National Surveillance Program for Rabies in animals. See the full document (in Spanish) at https://www.mapa.gob.es/es/ganaderia/temas/sanidad-animal-higiene-ganadera/programadevigilanciadelarabiaversionfinal_tcm30-561135.pdf."

「スペインには、動物の狂犬病に関する全国的サーベイランスプログラムがある。https://www.mapa.gob.es/es/ganaderia/temas/sanidad-animal-higiene-ganadera/programadevigilanciadelarabiaversionfinal_tcm30-561135で完全な文書(スペイン語)を参照してください。 .pdf。」

The tiny Spanish (semi) enclaves of Ceuta and Melilla sit on the northern shores of Morocco's Mediterranean coast, surrounded by the Moroccan state. Both enjoy local autonomy and have their own governments, led by city presidents. Together they form the European Union's only land borders with Africa. See map at

https://tinyurl.com/2s42fen9. - Mod.AS

セウタとメリリャは小さなスペイン(2つ)の飛び地であり、モロッコの州に囲まれた地中海沿岸の北岸に位置する。 どちらも地方自治を享受しており、市長が率いる独自の政府を持っている。 それらはともにEUの一員であり、唯一アフリカとの国境を接する。 地図を参照のこと。 https://tinyurl.com/2s42fen9。 -Mod.AS

ProMED map:

Melilla, Spain:

https://promedmail.org/promed-post?place=8701636,4991]

 

[See Also:

2021

----

Rabies (38): Europe (Spain) dog, OIE

http://promedmail.org/post/20211024.8699231

Rabies (37): Europe (Spain) dog, OIE

http://promedmail.org/post/20211002.8698826

2020

----

Rabies (01): Europe (Spain) dog, OIE

http://promedmail.org/post/20200123.6911125

2019

----

Rabies (35): Europe (Spain) dog, OIE

http://promedmail.org/post/20190630.6545279

2013

----

Rabies - Spain (03): (CM) ex Morocco, travel alert

http://promedmail.org/post/20130622.1786776

Rabies - Spain (02): (CM) ex Morocco, canine, human exp

http://promedmail.org/post/20130615.1773946

Rabies - Spain: (CM) ex Morocco, canine, OIE

http://promedmail.org/post/20130607.1760455

1999

----

Rabies, bat - Spain (Seville) (02)

http://promedmail.org/post/19990803.1329

Rabies, bat - Spain: background

http://promedmail.org/post/19990803.1328

Rabies, bat - Spain (Seville): Correction

http://promedmail.org/post/19990730.1287

Rabies, bat - Spain (Seville)

http://promedmail.org/post/19990727.1266]

.................................................arn/mj/ml

 

狂犬病-ガーナ:犬、人曝露

RABIES - GHANA: DOG, HUMAN EXPOSURE

※和訳は正確を期していますが、必ず原文を参照してくださいますようお願いします。

Date: 1 May 2021

日付:2021年5月1日

Source: My Joy Online [edited]

https://www.myjoyonline.com/rabies-cases-surge-in-kpone/

14 people have been diagnosed with rabies infection in Kpone, the municipal capital of the Kpone-Katamanso Municipality in the Greater Accra Region, after an infected dog bit 5 people whilst at church [I suspect, hope, and trust this means 14 people have been exposed to rabies rather than that they have been infected. - Mod.TG].

グレーターアクラ地域のクポーン-カタマンソン市の州都であるクポーンの教会で狂犬病感染犬により 5 名が咬まれ、14 名が狂犬病に感染したと診断された。〔私としては、14 名が感染したということではなく曝露されたということではないかと疑っており、願っており、信じている。 -Mod.TG]。

(訳者注)本文中何カ所かに〔sic〕の記載があり、本文中では感染と曝露とを

取り違えてることの指摘と思われる。

Dr Emmanuel Kwao Pecku, municipal veterinary officer, told the Ghana News Agency at Kpone in an interview on 17 Apr 2021 that a rabies-infected dog followed some 5 worshippers to their church premises and bit them, infecting [sic] them with the disease. According to the municipal veterinary officer, 9 other persons got exposed] by coming in contact with saliva from the infected [sic; were infected dog, exposing them to the virus.

 

市の獣医官であるエマニュエル・クワオ・ペック博士は、2021 年 4 月 17 日のインタビューで、クポーンのガーナ通信社に、狂犬病に感染した犬が 5 人の参拝者を追いかけて教会の敷地に入り、彼らを噛み、病気(狂犬病)に感染〔原文〕させたと語った。 市の獣医官によると、他の 9 人が感染犬の唾液と接触したことによりウイルスに感染〔原文;曝露〕した。

He explained the dog was immediately quarantined for examination, adding that it showed classical signs of rabies infection. Dr Pecku revealed that the dog was immediately killed, and a sample was taken to the laboratory for a confirmation test. He added that the victims have been given post exposure vaccines and are currently being monitored.

彼は犬が検査のためにすぐに隔離されたと説明し、狂犬病感染の古典的な兆候を示したと付け加えた。 ペック博士は犬がすぐに殺され、確定診断のためにサンプルが実験室に持ち込まれたことを明言した。 彼は、被害者は曝露後ワクチンを受けてており、現在観察中であると付け加えた。

He said the Kpone-Katamanso Municipal Assembly must enforce its by-laws to deal with people whose negligence causes harm to others. He noted that the owner of the infected dog did not bring his dog for rabies vaccination in February this year [2021]. "We mounted our canopy in front of his house, but he did not bring his dog for the vaccine."

彼は、クポーン-カタマンソン市議会は、怠慢のために他人に危害を及ぼす人々に対処するために法律を適用しなければならないと述べた。 彼は、感染犬の飼い主が今年〔2021〕2月に狂犬病ワクチン接種のために彼の犬を連れてこなかったと述べた。 「私たちは彼の家の前に天蓋を取り付けましたが、彼はワクチン接種のために犬を連れて来ませんでした。」

The Kpone-Katamanso Municipal Assembly, Municipal Health, and the Veterinary Directorate have intensified plans to deal with rabies cases in the various communities in Kpone.

クポーン-カタマンソン市議会、市健康部局及び獣医師は、クポーンのさまざまなコミュニティで狂犬病事例に対処する計画を強化しています。

[These 14 people were exposed to the rabies virus. If they received post exposure prophylaxis, as indicated by the article, then they should not be infected.

これらの 14 人は狂犬病ウイルスに曝露されたのだろう。 もし、彼らが記事に書かれているように、曝露後予防を受けた場合には感染してはいないはずである。

Clearly, the animal was not vaccinated against the disease, and this is a serious exposure. Animals showing signs suggestive of rabies, as this is pet appears to have been, are euthanized, and the brains are examined for the rabies virus. We do not know for certain the results of the animal's test, but it may have been positive for rabies. We are glad to know the individuals affected are being appropriately treated. - Mod.TG

明らかに、動物はこの病気(狂犬病)の予防接種を受けておらず、これは深刻な 曝露である。 このペットがそうであったように、狂犬病を示唆する兆候を示し ている動物は安楽死させられ、脳は狂犬病ウイルスに対して検査される。 動物 の確実な検査結果は知りえないが、狂犬病検査で陽性だったと思われる。 曝露 を受けた人々が適切に治療されていることを知って安心している。 -Mod.TG

HealthMap/ProMED map:
Ghana: http://healthmap.org/promed/p/53]

---

[See Also:

2015

Rabies - Ghana (03): (AA) human

   http://promedmail.org/post/20151013.3713607

Rabies - Ghana (02): (UW) human, canine

   http://promedmail.org/post/20150121.3106322

Rabies - Ghana: human, canine, spread, RFI

   http://promedmail.org/post/20150109.3080394

2014

Rabies - Ghana: (AH) human, feline

   http://promedmail.org/post/20140814.2691058

2013

Rabies - Ghana (02): (AH) canine, human

   http://promedmail.org/post/20130927.1972166

Rabies - Ghana: (BA) canine, human

   http://promedmail.org/post/20130613.1771603

2012

Rabies - Ghana: (KA) canine, human

   http://promedmail.org/post/20121022.1358238

2011

Rabies - Ghana: (WP) canine, human

   http://promedmail.org/post/20111121.3418

2010

Rabies, canine, human - Ghana: (BO)

   http://promedmail.org/post/20100408.1133

2009

Rabies, human, canine - Ghana

   http://promedmail.org/post/20091028.3738]

 

狂犬病(08):南北アメリカ(カナダ、アメリカ合衆国)野生動物と家畜;人と犬の暴露

RABIES (08): AMERICAS (CANADA, USA) WILD AND DOMESTIC ANIMALS; HUMAN AND DOG EXPOSURE

※和訳は正確を期していますが、必ず原文を参照してくださいますようお願いします。

In this update: 
[1] Canada - multiple animals 
[2] USA: Alabama, raccoon, multiple human exposures 
[3] USA: North Carolina - Bobcat, human exposure 
[4] USD: New Jersey, dog, human exposure 
今回の新しい投稿は
[1] カナダ 複数の動物
[2] アメリカ合衆国:アラバマ州、アライグマ、複数の人の暴露

[3] アメリカ合衆国:ノースカロライナ州、ボブキャット、人の暴露

[4] アメリカ合衆国:ニュージャージー州、犬、人の暴露


****** 
[1] Canada - multiple animals 
Date: 28 Mar 2021 
Source: Inspection Canada [edited] 

[1] カナダ 複数の動物
日付:2021 年 3 月 28 日

情報源:インスペクションカナダ(編集済み)


https://inspection.canada.ca/animal-health/terrestrial-animals/diseases/reportable/rabies/rabies-cases-in-canada-2021/eng/1613407237949/1613407238418 


Rabies is a viral disease that attacks the central nervous system of mammals, including humans. Once clinical signs appear, rabies is almost always fatal in animals and people. In Canada, the animals that most often transmit rabies are bats, skunks and foxes. 

狂犬病は、人を含め哺乳類の中枢神経系を襲うウイルス疾患である。一旦症状が出ると、狂犬病 は人も動物も通常ほぼ致命的である。カナダで狂犬病を最もよく伝播する動物は、コウモリおよび スカンク、キツネである。

Rabies is a reportable disease under the Health of Animals Act. All suspect cases must be reported to the province for follow-up. All suspect rabies cases are verified in a CFIA rabies laboratory. 
狂犬病は動物衛生法に基づく報告義務疾病であり、全ての疑い例は追跡調査のため州に報告し なくてはならない。狂犬病疑いの症例は全て CFIA の狂犬病研究所で検証される。

A table shows that 5 rabies cases were confirmed in Canada in March this year [2021], from 135 samples submitted from across the country.
[This table has been converted to a summary. - Mod.TG]. 
カナダ国内で、全国から提出された 135 のサンプルから今年(2021 年)3 月に確認された 5 件の 狂犬病事例が表に示されている。(この表は要約文に置き換えられている。モデレータ TG)

Quebec reports rabies in an arctic fox.  Ontario reports rabies in a bat and in a skunk.  Manitoba reports rabies in a bovine.  Northwest Territories reports rabies in a red fox. 
ケベックでは北極ギツネ、オンタリオではコウモリとスカンク、マニトバではウシ、北西部準州では アカギツネの狂犬病が報告されている。

In 2021, 12 positive cases have been confirmed in Canada, out of 367 samples submitted.

 2021 年カナダでは提出された 367 のサンプルから 12 の陽性例が確認された。

[Information regarding Canada is updated on the 28th of each month provided the date is not on a holiday or weekend, in which case it updates the figures on the next business day. - Mod.TG] 
「カナダに関する情報は毎月 28 日に更新されるが、週末や休日に当たる際には翌週の開庁日に 更新される。モデレータ TG」


****** 
[2] USA: Alabama, raccoon, multiple human exposures 
Date: 15 Apr 2021 
Source: WRBL [edited] 
https://www.wrbl.com/alabama-news-2/multiple-people-being-treated-for-possible-rabies-exposure-in-beauregard/ 
[2]アメリカ合衆国:

アラバマ州、アライグマ、複数の人の暴露

日付:2021 年 4 月 15 日
情報源:WRBL(編集済み)

Five people have possibly been exposed to rabies after a raccoon tested positive for the virus this week in the Beauregard community. Veterinarian Dr Gary Hunt tells News 3 that a dog was exposed when it killed the raccoon on Sun 11 Apr 2021. Hunt received the test results on Thu 15 Apr 2021. The individuals are undergoing rabies prophylactic treatment, and the dog is quarantined. 
ボーリガード地域で今週、5人の人たちが狂犬病陽性だったアライグマに接触した可能性がある。 獣医師のゲイリーハント博士はニューススリーで、2021 年 4 月 11 日(日)にアライグマを咬み殺 した 1 頭の犬はその時狂犬病に暴露したと語る。ハント博士は 2021 年 4 月 15 日(木)に検査結 果を受け取った。接触した人たちは予防処置を受けており、犬は観察下に置かれている。

Homer Bruce, the Lee County rabies officer, said in a news release that the dog had previous rabies vaccinations and was boosted at the time of treatment. Bruce said keeping up to date on vaccines is critical to community safety:

リー郡の狂犬病担当者、ホーマーブルース氏は記者会見で、その犬は以前に狂犬病ワクチン接 種を受けており、観察開始時に追加接種を受けたと語った。ブルース氏は地域の安全のために は狂犬病ワクチンを最新の状態に保つことが重要だと語った。

"The key here is the pet had a previous rabies vaccination. This is so important in protecting your pets from rabies and thereby protecting humans from exposure through their pets. Alabama Law requires all dogs, cats and ferrets to be vaccinated at 3 months of age and annually thereafter unless they receive a 3-year vaccine. The 1st rabies vaccination is only good for one year regardless of which vaccine your pet receives. I ask everyone to please check their pet's rabies vaccination status and to get them boosted immediately if they are not up to date. Contact your veterinarian if you can't determine your pet's vaccination status. Please call 334-745-0060 if you have questions." 

「ここで重要なポイントはそのペットが以前狂犬病ワクチンを接種していたことなんです。あなたのペットが狂犬病から守られ、それによってペットを介して人が暴露から守られるという点においてこのことは大変重要です。アラバマ州法では全ての犬、猫、フェレットは3ヶ月齢になったら 3 年有効のワクチンでなければ年 1 回ワクチンを受けるよう求められています。(ただし)最初に受ける 狂犬病ワクチンは、その種類に関わらず 1 年しか有効ではありません。私はみなさんが自分のペットのワクチン状況をチェックして、もし最新の状態になければ直ちに追加接種するよう求めます。 あなたのペットのワクチン接種状況がわからなければあなたのかかりつけ獣医師に連絡してくだ さい。もしわからないことがありましたら 334-745-0060 までお電話ください。」と述べた。

Rabies is a human infection occurring after a transdermal bite or scratch by an infected animal, like dogs and cats. It can be transmitted when infectious material, usually saliva, comes into direct contact with a victim's fresh skin lesions. Rabies may also occur, though in sporadic cases, through inhalation of virus-containing spray [such as a sneeze, and droplets may reach the eye. - Mod.TG] or organ transplants
狂犬病は犬や猫のような感染している動物に、経皮的に咬まれたり引っ掻かれたりしたあと人に 感染が起きる。感染可能となるもの、通常は唾液が新しい皮膚の傷に直接接触することで伝播する可能性がある。狂犬病はまた、散発的であるが、ウイルスで汚染した飛沫(くしゃみが飛沫となり、目に届く:モデレータ TG)を吸引することや臓器移植でも起きる可能性がある。


Pet owners need to have their animals registered and vaccinated under Alabama law. Animal bite victims should immediately wash bites with soap and water for at least 10 minutes and receive appropriate post-exposure prophylaxis (PEP) if needed from trained health workers. 
[byline: Elizabeth White] 
ペットの飼い主はアラバマ州法に従い、飼っている動物を登録してワクチンを受けさせなくてはならない。動物に咬まれた人はすぐに咬まれた場所を石鹸と水で少なくとも10分間洗い、必要なら 訓練を受けた医療従事者に適切な暴露後発症予防処置(PEP)を受けるべきである。 (エリザベス ホワイト署名)


****** 
[3] USA: North Carolina - bobcat, human exposure 
Date: 16 Apr 2020 
Source: Patch News [edited] 
https://patch.com/north-carolina/charlotte/bobcat-caught-camera-attacking-nc-family-positive-rabies 

The Pender County Sheriff's Office [PCSO] confirmed that a bobcat, having attacked a couple, was killed and has tested positive for rabies. 
ペンダー郡保安官事務所(PCSO)は、夫婦を襲ったボブキャットはその後狂犬病陽性であること を確認した。


A North Carolina family readying to begin their morning commute experienced a violent encounter with a bobcat in the driveway of their Burgaw home. The incident was captured on a security camera, and by Fri 16 Apr 2021 afternoon had racked up more than 10 million views. 
ノースカロライナ州のある家族は、朝の通勤の準備中の Burgaw の家の私道で凶暴なボブキャットに遭遇した。その出来事は監視カメラに映されており、2021 年 4 月 16 日(金)午後には 1000 万回以上の再生回数を記録した。


The bobcat, which was later killed, was also confirmed to have rabies, underscoring the need to keep pet vaccinations up to date, the PCSO said. The 9 Apr 2021 incident occurred in the Creekside Subdivision in Burgaw, the PCSO confirmed. 
そのボブキャットはのちに殺処分され、狂犬病だったことが確認された。PCSO はペットのワクチ ンを最新の状態に保つことの必要性は明白だと語った。2021 年 4 月 9 日の事件は Burgaw の Creekside Subdivision で起きたことを PCSO は確認している。


In the video, an unidentified man can be heard offering a morning greeting to a neighbor jogging past his home. In his hands appear to be a cake and a beverage. "I need to wash my car," he says, unlocking the vehicle. A bird can be heard in the background along the sleepy street scene as the morning sky takes on the color of a new day. That's about the time all hell broke loose. 
映像では、特定されていないが一人の男性が、自分の家の前をジョギングして通り過ぎる隣人に 朝の挨拶をする様子が聞こえる。彼の手にはケーキと飲み物が持たれているようだ。「車洗わな きゃなあ」と、車のロックを外しながら話す。寝静まった街に鳥の声が聞こえ、朝の空が新しい日の色に染まる。その頃に、突然大騒ぎが起きる。

A woman approaching the passenger side of the vehicle with a pet carrier in hand then lurches forward into the frame as a loud feline yowl and her blood-curdling scream cut through the otherwise tranquil suburban scene. "Run, baby! Run!" she seems to yell to her husband, as the bobcat grips tight to her back. The man runs around the vehicle, grabbing the cat away from her, exclaiming "oh my god, it's a bobcat!" in disbelief before flinging it feet away from his body into the grassof the manicured front yard. 
一人の婦人がペットのキャリーボックスを手に、車の助手席側に近づいてくる様子が画面に入りそ の後、猫の大きな鳴き声と女性の身の毛もよだつような悲鳴が郊外の静かな光景を切り裂く。「あなた走って!走って!」女性は自分の背中にボブキャットが強くしがみついてきたので、ご主人に そう叫んだようだ。男性は車を回り込み、女性からその猫を引きはがし、「なんてこった、ボブキャットシじゃないか」と信じられない様子で叫んで、数フィート離れたところにある手入れの行き届いた前庭にその猫を放り投げた。

The dramatic footage of the incident may be viewed at:

その事件の劇的な映像は以下で見られる。
https://twitter.com/Evi3Zamora/status/1382781106269818884. The
animal had attacked another person before the incident caught on video, PCSO Capt James Rowell said, the Charlotte Observer reported. 
その動物はビデオに捕らえられる前に別のもう一人を攻撃していた。PCSO 所長ジェームズロー ウェルはシャーロット オブザーバーがそう報告したと語った。

"Any unvaccinated pets should be vaccinated immediately," PCSO warned neighborhood residents following the incident. "Your pets and other domestic animals can be infected when they are bitten by rabid wild animals. When spillover rabies occurs in domestic animals, the risk to humans is increased." 
[byline: Kimberly Johnson] 
「ワクチン未接種のペットは皆すぐにワクチンを接種するべきです。あなたのペットや他の家畜動 物は狂犬病に罹った野生動物に咬まれれば感染する可能性があります。家畜動物に狂犬病のス ピルオーバーが起きれば人のリスクが高まります。」と PCSO は近隣住民にこの後続く事件につ いて警告した。

(キンバリー ジョンソン署名)


****** 
[4] USD: New Jersey, dog, human exposure 
Date: 1 May 2021 
Source: Press of Atlantic City [edited] 
https://pressofatlanticcity.com/news/local/fox-captured-in-vineland-confirmed-to-have-rabies/article_ec918fbf-e9fc-534b-ad3b-c2b079d372b4.html 

[4] アメリカ合衆国:

ニュージャージー州、犬、人暴露

日付:2021 年 5 月 1 日
情報源:Press of Atlantic City(編集済み)

On 27 Apr 2021, the Vineland Health Department announced that it was searching for a fox after reports of it attacking at least 3 people and chasing 2 others in the area of Riviera Boulevard. The behavior of the fox led officials to suspect it was rabid. 
2021 年 4 月 27 日にヴァインランド保健所は、リビエラブールバード地域で少なくとも3人の人を 襲い他の二人を追いかけたと報告されている一頭のキツネを捜索していると発表した。そのキツ ネの行動は狂犬病を疑わせるものだった。


Vineland Health Department officer Robert Dickinson said in a news release that homeowners should check their pets for wounds of unknown origin. Residents in the area are also being asked to be mindful of any animals exhibiting strange behavior, signs of illness, or undue aggression. "We do not know at this time how long the fox has been ill, if it has attacked any other wildlife, or if there are other foxes which could be rabid as well," Dickinson added. 
ヴァインランド保健所の担当者ロバートディキンソン氏は、記者会見で、家の住人は由来のわから ない傷がペットにないか調べるべきであると語った。その地域の住民は、変な行動をしていたり、 病気の兆候を示したり、過度な攻撃行動を示している動物全てに注意するよう要請されている。 「私たちは現時点で、そのキツネがどれくらいの期間病気であったのかとか、どんな他の野生動 物に攻撃されたのか、他にも狂犬病かもしれないキツネがいるのかわからないのです。」とディキンソン氏は加えて語った。


Individuals who may have come in contact with or had their pets come in contact with the fox are encouraged to contact the Health Department at 856-794-4131. 
[byline: Ahmad Austin] 
そのキツネに接触した可能性のある人やペットは保健所の電話 856-794-4131 まで連絡するよう 勧められている。

 (アーマドオースチン署名)

[Regardless of where you are, keep your guard up regarding animals. They may follow you into a house of worship, or spring out at you from behind a parked vehicle. 
「あなたがどこにいても動物には気をつけなさい。礼拝所にもついて来るかもしれないし、駐車しておいた車の影からあなたに飛びかかるかもしれない。

Rabies is a serious disease. Vaccinate your pets against this deadly disease. If your pet is without the vaccine and is bitten by a rabid animal, it will be euthanized. If you keep your pets up to date on the rabies vaccine, you can prevent the pet's death, and perhaps save your own life, or certainly save yourself the necessary shots of post exposure. 
狂犬病は深刻な病気だ。あなたのペットにはこの致死的な病気のワクチンを打ちなさい。もしあなたのペットがワクチンを受けないまま、狂犬病の動物に咬まれたら、そのペットは安楽死されるだ ろう。もしあなたがペットの狂犬病ワクチンを最新の状態にしていたら、あなたはペットを死から守 る事ができるし、おそらくあなた自身の命を守る事ができるし、間違いなくあなた自身が必要となる 暴露後免疫処置を受けることを省く事ができる。

If you are bitten by an animal, wash the bite site with soap and plenty of water, and seek medical attention. You may require a series of vaccine shots called post exposure prophylaxis (PEP). 
もしあなたが動物に咬まれたら、石鹸と大量の水を使って咬まれたところを洗いなさい。そして医 師の診察を受けなさい。暴露後予防処置(PEP)と呼ばれる一連のワクチン接種が必要になるかもしれない。

If your vaccinated pet is bitten, wash the wound and take your pet to the veterinarian. A booster rabies vaccine is usually required. 
もしワクチン接種が済んでいるペットが咬まれた場合、傷口を洗って獣医師のところに連れて行きなさい。通常ワクチンの追加接種が必要となる。

If your pet is not vaccinated but is bitten by a rabid animal, it will be humanely euthanized. There is no treatment for an animal which has not been vaccinated against rabies. - Mod.TG
もしあなたのペットがワクチン未接種で狂犬病の動物に咬まれた場合、ペットは苦しまない状態で 安楽死させられるだろう。狂犬病ワクチン未接種動物に対する治療法がないからである。」モデレータ TG

HealthMap/ProMED maps:
Canada: http://healthmap.org/promed/p/12
United States: http://healthmap.org/promed/p/106]

[See Also:
Rabies (05): Americas (Peru)
http://promedmail.org/post/20210208.8176913 
Rabies (03): Americas (USA) raccoon, dog, bobcat, fox, human exp
http://promedmail.org/post/20210123.8128938 
Rabies (02): Americas (USA, Canada) otter, fox, human exp
http://promedmail.org/post/20210103.8066208 
Rabies (01): Americas (USA) raccoon, dog, cat, human exp:
http://promedmail.org/post/20210102.8064117 
2020 
--- 
Rabies (33): Americas (USA) cow, skunk, cat, raccoon, human exp
http://promedmail.org/post/20201205.7996307 
Rabies (30): Americas (USA) coyote, bat, imported dog ex Egypt, human
exp http://promedmail.org/post/20201108.7925072 
Rabies (29): Americas (USA) animal, human exposure
http://promedmail.org/post/20201101.7908381 
Rabies (28): Americas (USA) animal, human exp
http://promedmail.org/post/20201018.7871698 
Rabies (27): Americas (USA) animal, human exp
http://promedmail.org/post/20201003.7829604 
Rabies (26): Americas (USA) bat, human exp
http://promedmail.org/post/20200928.7818946 
Rabies (25): Americas (USA) animal, human exp
http://promedmail.org/post/20200904.7745166 
Rabies (23): Americas (USA) bat
http://promedmail.org/post/20200731.7632899 
Rabies (22): Americas (USA) cat, raccoon, fox, human exp
http://promedmail.org/post/20200725.7611925 
Rabies (21): Asia (Kazakhstan) cattle, OIE
http://promedmail.org/post/20200722.7601954 
Rabies (20): Americas (USA, Canada) animal, human exposure
http://promedmail.org/post/20200712.7567540 
Rabies (10): Americas (USA) raccoon, dog, bull, human exp
http://promedmail.org/post/20200412.7213951 
Rabies (08): Americas (USA, Canada) cat, dog, fox, skunk, human exp
http://promedmail.org/post/20200321.7122312 
Rabies (06): Americas (USA) cat, fox, cow, human exp
http://promedmail.org/post/20200302.7041402 
Rabies (03): Americas (USA) cat, fox, otter, coyote, human exposure
http://promedmail.org/post/20200214.6987679 
Rabies (02): Americas (USA) raccoon, cat, human, dog exp
http://promedmail.org/post/20200201.6943518 
2019 
--- 
Rabies (57): Americas (USA) raccoon, cat, human exp
http://promedmail.org/post/20191226.6858881 
Rabies (53): Americas (USA) fox, human exp
http://promedmail.org/post/20191125.6797040 
Rabies (50): Americas (USA) cat, dog, human exposure
http://promedmail.org/post/20191110.6771632 
Rabies (40): Americas (USA) bat, human exp
http://promedmail.org/post/20190730.6595948 
and other items in the archives]
.................................................sb/tg/msp/sh

狂犬病-マレーシア(02):(サラワク)

RABIES - MALAYSIA (02): (SARAWAK)

※和訳は正確を期していますが、必ず原文を参照してくださいますようお願いします。

この症例は 20210530RABIES (12)にも記載されています。
Date: Mon 24 May 2021 日付:2021 5 24 日(月)
Source: Outbreak News Today [edited] 出典:Outbreak News Today(編 集) http://outbreaknewstoday.com/rabies-death-reported-in-sarawak-malaysia- 3rd-case-of-2021/

The Malaysia Ministry of Health reported a human rabies death in Sarawak, which was confirmed positive on [5 May 2021].

マレーシア保健省は、 [2021 年 5 月 5 日]に陽性であることが確認さ れたサラワクでの人の狂犬病による死亡を報告した。

The 45-year-old female citizen was living in Rh Janggu, Sungai Tepus, Selangau, Sarawak. She has a history of being bitten by her pet dog on the left hand while disposing of the dog who was fighting with another dog on [9 Mar 2021].
サラワク州セランガウ郡スンガイテプスの Rh Janggu に 45 歳の女性 が住んでいた。 彼女は、[2021 年 3 月 9 日]に別の犬と喧嘩していた ペットの犬に対処した際、左手をペットの犬に噛まれた。

The case had washed the wound and sought treatment at the Tepus Health Clinic the same day. Wound treatment was performed, anti-tetanus injections were given, and follow-up appointments were given. Unfortunately, the case has dropped out of follow-up treatment. Upon successful detection, the case was given the 1st dose of anti-rabies vaccine injection on [29 Apr 2021].

症例(彼女)は傷口を洗浄し、同日にテパスヘルスクリニックで治療

を受けた。 創傷治療が行われ、抗破傷風注射が行われ、経過観察の ための予約が行われた。 残念なことに彼女はこれら継続的治療を受 けませんでした。事態が明らかになり、[2021 年 4 月 29 日]に彼女に 対して狂犬病ワクチンの初回注射が行われた。

However, the case complained of eye pain, weakness, and numbness in the left hand while attending for the 2nd dose injection on [2 May 2021] and was admitted to the ward at Sibu Hospital for treatment.Clinical samples for rabies virus detection test were taken and sent to the laboratories of Sarawak General Hospital and Universiti Malaysia Sarawak (UNIMAS). The results of the sample were reported positive for rabies on [5 May 2021]. In the meantime, the patient's condition deteriorated and the case died on [6 May 2021] at 7:13 am with a diagnosis of rabies encephalitis.

しかし、彼女は[2021 年 5 月 2 日]2 回目の注射に臨んでいるときに目 の痛み、脱力感、左手のしびれを訴え、治療のためにシブ病院の病棟 に入院した。狂犬病ウイルス検出試験の臨床サンプルが サラワク総 合病院とマレーシアサラワク大学(UNIMAS)の研究所に運ばれた。 [2021 年 5 月 5 日]に検査結果が狂犬病陽性であると報告された。 そ の間に患者の状態は悪化し、症例は[2021 年 5 月 6 日]午前 7 時 13 分 に狂犬病脳炎と診断されて死亡した。

With the addition of new cases, the latest number of rabies cases in Sarawak for 2021 is 3 cases. Meanwhile, since the rabies epidemic was declared on [1 Jul 2017] in Sarawak, the number of cases was 34 with 32 deaths. There were 2 surviving cases of children with severe neurological complications.

新しい症例の追加により、2021 年のサラワクでの狂犬病の最新の症 例数は 3 症例である。 一方、サラワクでは[2017 年 7 月 1 日]に狂犬 病の流行が宣言されて以来、症例数は 34 例で、32 人が死亡した。 重度の神経学的合併症を患う子供の生存例は 2 例あった。

When a rabies virus infection that occurs in an animal bite wound is not treated immediately, it will result in death if the infection has reached the brain. Therefore, MOH would like to advise the public, especially in Sarawak to always take preventive measures, namely:

- if bitten or scratched or exposed to animal saliva, the wound must be

washed with running water and soap for at least 15 minutes;
- seek immediate treatment at the nearest health clinic or hospital;
- ensure that the complete anti-rabies vaccine is received according to the appointment given by the medical practitioner, even when executing the movement control order (PKP) during this COVID-19 pandemic; and
- do not handle any wild animals, including wild dogs and cats.

動物の咬傷に起因する狂犬病ウイルス感染は、すぐに治療しないと、 感染が脳に到達して死の転帰をとる。 このため、MOH は、特にサラ ワクにおいては、常に予防措置を講じるように市民にアドバイスす る。 -噛まれたり、引っかかれたり、動物の唾液にさらされたりした 場合は、傷口を流水と石鹸で少なくとも 15 分間洗浄する必要があり ます。 -最寄りの診療所または病院で直ちに治療を受けてください。 -現在の COVID-19 パンデミック中の行動制御命令(PKP)が発令中で あっても、医師の予約に従って完全な狂犬病予防ワクチンが確実に受 けられるようにしましょう。 そして -野生の犬や猫を含む野生動物に は手出ししないようにしましょう。
--
Communicated by:
PRO/MBDS
promed-mbds@promedmail.org

[It is not clear from the newswire above on the follow-up appointments by the health clinic after anti-tetanus injections. It can be argued that the anti- rabies vaccine was not readily available at the time of her timely health- seeking behavior on 9 Mar 2021, the same day she was bitten by her pet dog. If this is the case and in light of the severity of rabies, the patient could have been told and vaccinated for rabies as soon as the anti-rabies vaccine was available and not 50 days later. [上記のニュースワイヤーから、抗破傷風注射後の診療所によるフォロ ーアップの予定については明らかではない。 彼女がペットの犬に噛 まれた同日、2021 年 3 月 9 日、タイムリーな医療機関受診の際には 利用可能な狂犬病ワクチンがなかったのではないかと論議される。 この症例において、狂犬病の危険度の観点から、患者は、50 日後では なく、狂犬病予防ワクチンが利用可能になり次第、狂犬病について知 らされ、予防接種を受けられた可能性がある。

Lessons learned from each fatal case in the community could be used to promote rabies awareness through culturally appropriate actions to ensure that cases of rabies fatalities in the community no longer occur. - Mod.ST

地域社会における各々の致死的症例から学んだ教訓は、その社会にお ける狂犬病の死亡例をこれ以上発生させないための学術的に適切な行 動により、狂犬病へ注意喚起を促進するのに用いられる。 -Mod.ST

HealthMap/ProMED map of Malaysia: http://healthmap.org/promed/p/2565]

[See Also:
Rabies - Malaysia: (Sarawak) fatal http://promedmail.org/post/20210314.8246518 2020
----
Rabies - Malaysia (03): Sarawak, dog susp, human http://promedmail.org/post/20201225.8045922 Rabies - Malaysia (02): (Sarawak) dog, human http://promedmail.org/post/20201130.7981479 Rabies - Malaysia: (Sarawak) http://promedmail.org/post/20201026.7890934 2019
----
Rabies - Malaysia (06): Sarawak http://promedmail.org/post/20191108.6768627 Rabies (05): Malaysia (Sarawak) fatal http://promedmail.org/post/20191009.6718474 Rabies - Malaysia (04): Sarawak, spread http://promedmail.org/post/20190714.6567160 Rabies - Malaysia (03): Sarawak, human, canine http://promedmail.org/post/20190613.6518214 Rabies - Malaysia (02): (Sarawak) human, canine http://promedmail.org/post/20190530.6495395 Rabies - Malaysia: (Sarawak) update, fatal http://promedmail.org/post/20190120.6268105

2018
----
Rabies - Malaysia (17): Sarawak, dog licencing http://promedmail.org/post/20181229.6226871
Rabies - Malaysia (16): Sarawak, suspected additional cases http://promedmail.org/post/20181210.6201291
Rabies - Malaysia (15): Sarawak http://promedmail.org/post/20181207.6189271
Rabies - Malaysia (14): 1st person fined for illegal movement of animals http://promedmail.org/post/20181012.6087524
Rabies - Malaysia (13): Sarawak, wild dog, human http://promedmail.org/post/20180823.5981724
Rabies - Malaysia (12): Sarawak, human, canine, spread http://promedmail.org/post/20180818.5973171
Rabies - Malaysia (11): Sarawak, canine, feline, vaccination http://promedmail.org/post/20180719.5915569
Rabies - Malaysia (10): Sarawak, canine, spread http://promedmail.org/post/20180704.5887496
Rabies - Malaysia (09): Sarawak, canine, spread, OIE http://promedmail.org/post/20180515.5797733
Rabies - Malaysia (08): Sarawak, human, fatal, exposure to dog's bite, susp. http://promedmail.org/post/20180506.5786681
Rabies - Malaysia (07): Sarawak, canine, OIE http://promedmail.org/post/20180502.5779278
Rabies - Malaysia (06): Sarawak, alert http://promedmail.org/post/20180407.5731015
Rabies - Malaysia (05): Sarawak, canine, feline, OIE http://promedmail.org/post/20180315.5688136
Rabies - Malaysia (04): Sarawak, canine, feline, spread, OIE http://promedmail.org/post/20180223.5646816
Rabies - Malaysia (03): Sarawak, canine, human, alert http://promedmail.org/post/20180211.5620838
Rabies - Malaysia (02): Sarawak, canine http://promedmail.org/post/20180205.5607621
Rabies - Malaysia: Sarawak, update http://promedmail.org/post/20180109.5546120]

.................................................st/mj/mpp

ユーラシア、アフリカ(チュニジア)犬、猫、キツネ、人への暴露

RABIES (12): EURASIA, AFRICA (TUNISIA) DOG, CAT, FOX, HUMAN EXPOSURE 

※和訳は正確を期していますが、必ず原文を参照してくださいますようお願いします。

In this update:

[1] Pakistan (Karachi): human

[2] Malaysia (Sarawak): human, dog

[3] Thailand (Surin): human, cat suspected

[4] Ukraine (Sevastopol): fox suspected, human exposure

[5] Tunisia (Sfax): human, dog

 

 [1] Pakistan (Karachi): human

パキスタン(カラチ):人
Date: Wed 26 May 2021
日付:2021 年 5 月 26 日(水)
Source: Outbreak News Today [edited]
情報源:Outbreak News Today [編集済]
http://outbreaknewstoday.com/pakistan-reports-another-rabies-death-at-karachi- hospital-improper-and-inadequate-treatment-noted-85083/

For the 2nd time in a week, a human rabies death has been reported at the Indus Hospital in Karachi. Last week, a 6-year-old boy died from the lethal virus, and this Tuesday [25 May 2021], a 24-year-old man succumbed to rabies.

カラチのインダス病院で、この 1 週間で 2 例目となる狂犬病による死亡例が報告され た。先週、6 歳の少年がこの致死性のウイルスで死亡した。今週の火曜日(2021 年 5 月 25 日)には、24 歳の男性が狂犬病で死亡した。

A report from the Pakistani news source Dawn states that "the patients received improper and inadequate treatment at government hospitals." パキスタンのニュースソース「Dawn」の報道によると、「患者は政府の病院で不適切で 不十分な治療を受けた。」としている。

In the case of the young child, who received bites to the face, rabies immunoglobulin (RIG) was never administered; proper washing of the wounds and improper administration of the injections were noted in the report. 
顔面を噛まれた幼児のケースでは、狂犬病免疫グロブリン(RIG)が投与されておら ず、適切な傷口の洗浄と不適切な注射薬の投与が報告書に記載されていた。

In the case of the young man, who had a wound to the forehead, again, RIG wasn't administered, the wound was stitched, and a misdiagnosis of diarrhea was given.
額に傷を負った若い男性のケースでは、やはり RIG が投与されず、傷口が縫合され、下 痢と誤診されていた。

Communicated by:
ProMED
promed@promedmail.org

Unfortunately, the 2 victims did not undergo the full post-exposure treatment, essential to prevent the rabies virus from reaching the patient's CNS, a lethal event. For updated recommendations on the issue, see the segment "Post-exposure prophylaxis (PEP)" in WHO's "Rabies" fact sheet, updated 17 May 2021, at https://www.who.int/news-room/fact-sheets/detail/rabies. - Mod.AS

残念ながら、この 2 名の被害者は、狂犬病ウイルスが患者の中枢神経系に到達して致死 的な事態となるのを防ぐために不可欠な曝露後の治療を十分に受けていなかった。この 問題に関する最新の推奨事項については、WHO の「狂犬病」ファクトシート(2021 年 5 月 17 日更新)の項目「曝露後予防(PEP)」を参照のこと (https://www.who.int/news-room/fact-sheets/detail/rabies)。- モデレーター.AS

HealthMap/ProMED map:

Karachi, Sindh, Pakistan: http://healthmap.org/promed/p/947]
******
[2] Malaysia (Sarawak): human, dog

マレーシア(サラワク):人、犬 Date: Mon 24 May 2021
日付:2021 年 5 月 24 日(月)
Source: Outbreak News Today [edited] 情報源:Outbreak News Today [編集済]

http://outbreaknewstoday.com/rabies-death-reported-in-sarawak-malaysia-3rd-
case-of-2021/

The Malaysia Ministry of Health reported a human rabies death in Sarawak, which was confirmed positive on 5 May 2021.
マレーシア保健省は、2021 年 5 月 5 日に陽性が確認されたサラワク州でのヒト狂犬病 の死亡例を報告しました。

The 45-year-old female citizen was living in Rh Janggu, Sungai Tepus,Selangau, Sarawak. She has a history of being bitten by her pet dog on the left hand while disposing of the dog, who was fighting with another dog on 9 Mar 2021. 45 歳の女性、Rh Janggu, Sungai Tepus,は、サラワクの Selangau,に住んでいた。彼女 は 2021 年 3 月 9 日に他の犬と喧嘩していた自身のペットである犬の対応をしていた際 に、その犬に左手を噛まれていた。

The case had washed the wound and sought treatment at the Tepus Health Clinic the same day [9 Mar 2021]. Wound treatment was performed,anti-tetanus injections were given, and follow-up appointments were given. Unfortunately, the case has dropped out of follow-up treatment [see comment]. Upon successful detection, the case was given the 1st dose of anti-rabies vaccine injection on 29 Apr 2021.

この患者は傷口を洗浄し、同日[2021 年 3 月 9 日]に Tepus Health Clinic で治療を受 けた。傷の治療を受け、破傷風のワクチン注射が行われ、再診の予約が取られた。残念 ながら、この患者は再診を受けなかった[コメント参照]。事態が分かった後、この患者 は 2021 年 4 月 29 日に抗狂犬病ワクチンの 1 回目の注射を受けた。

However, the case complained of eye pain, weakness, and numbness in the left
hand while attending the 2nd dose injection on 2 May 2021 and was admitted to
the ward at Sibu Hospital for treatment. Clinical samples for rabies virus
detection test were taken and sent to the laboratories of Sarawak General
Hospital and Universiti Malaysia Sarawak (UNIMAS). The results of the sample
were reported positive for rabies on 5 May 2021. In the meantime, the
patient's condition was deteriorating, and the case had died on 6 May 2021 at
7:13 am with a diagnosis of rabies encephalitis.

しかし、この患者は、2021 年 5 月 2 日の 2 回目の投与注射に行った際に、眼の痛み、 脱力感、左手のしびれを訴え、Sibu 病院に入院して治療を受けた。狂犬病ウイルの検 査のための臨床サンプルが採取され、サラワク総合病院とマレーシア・サラワク大学

page3image7728192 page3image7707968

(UNIMAS)の研究所に送られた。サンプル検査の結果、2021 年 5 月 5 日に狂犬病陽性 と報告された。その間、患者の状態は悪化し、2021 年 5 月 6 日午前 7 時 13 分に狂犬病 脳炎の診断で死亡した。

With the addition of new cases, the latest number of rabies cases in Sarawak for 2021 is 3 cases. Meanwhile, since the rabies epidemic was declared on 1 Jul 2017 in Sarawak, the number of cases was 34 with 32 deaths. There were 2 surviving cases of children with severe neurological complications. 新たな症例の追加により、2021 年のサラワクにおける最新の狂犬病症例数は 3 症例と なった。一方、2017 年 7 月 1 日にサラワクで狂犬病の流行が宣言されて以来、症例数 は 34 件、死亡者数は 32 人となっている。2 例の子供の生存例があり、重度の神経学的 合併症を伴っている。

When a rabies virus infection that occurs in an animal bite wound is not treated immediately, it will result in death if the infection has reached the brain. Therefore, MOH would like to advise the public,especially in Sarawak, to always take preventive measures to prevent rabies virus infection, namely the following: 動物に噛まれた傷口に由来する狂犬病ウイルスの感染を直ちに治療しないと、感染が脳 にまで及んだ場合には死に至る。そのため、保健省は、特にサラワク州の一般市民に対 して、狂犬病ウイルス感染を防ぐために、以下のような予防措置を常に講じるように通 知している。

- wash the wound with running water and soap for at least 15 minutes if the person is bitten or scratched or exposed to animal saliva;
- 噛まれたり、引っかかれたり、動物の唾液に触れた場合は、傷口を流水と石鹸で少な くとも 15 分間洗う。
- seek immediate treatment at the nearest health clinic or hospital;
- 最寄りの診療所や病院で直ちに治療を受ける。
- ensure that the complete anti-rabies vaccine is received according to the appointment given by the medical practitioner, even when executing the movement control order (PKP) during this COVID-19 pandemic; and
- 今回の COVID-19 パンデミックでの PKP(移動制御命令)実施時においても、開業医 の予約に従って狂犬病ワクチンを完全に受けるようにする。
- do not handle any wild animals, including wild [stray, unowned] dogs
and cats.
- 野生動物や野良犬や野良猫などを扱わない。

Communicated by:
ProMED
promed@promedmail.org
The tragically delayed PEP treatment of the victim, starting only 40 days
after her suspected exposure, may have been caused by the case history as
presented and assessed in the hospital. As described, "she was bitten by her
pet dog on the left hand while disposing of the dog,who was fighting with
another dog on 9 Mar 2021." Getting to hospital on the same day, rabies
involvement was probably not (or only slightly?) suspected, and, therefore,
only wound treatment performed,anti-tetanus injections given, and follow-up
appointments given. The patient was detected and treated (vaccine, no RIG)
only on 29 Apr 2021. No information on the health of her pet dog nor of its
vaccination history is given. In case the dog was still alive when the patient
was detected, it is rather unlikely this dog was the source of infection. This
case deserves a thorough investigation, which should include also the
identification of the other dog involved in the 9 Mar 2021 event and an update
of the guidelines for Sarawak's hospitals. -Mod.AS

被害者の PEP 治療が悲劇的に遅れ、曝露の疑いから 40 日後に開始されたのは、病院で 説明され、評価された症例のヒストリーに原因があると思われる。説明によると、「彼 女は 2021 年 3 月 9 日、他の犬と喧嘩していた犬に対処した際に、ペットの犬に左手を 噛まれた」とされている。その日のうちに来院したため、狂犬病の関与はおそらく疑わ れていなかった(あるいはわずかに疑われていた)ため、創傷処置、破傷風ワクチン、 経過観察の予約のみが行われた。この患者は 2021 年 4 月 29 日に確認され、治療(ワク チン、RIG なし)されただけである。彼女のペットである犬の健康状態やワクチン接種 歴についての情報はない。患者が確認された時に犬がまだ生きていたとすれば、この犬 が感染源である可能性はかなり低い。この事例は、2021 年 3 月 9 日の事件に関与した もう 1 匹の犬の特定や、サラワク州の病院のガイドラインの更新も含めて、徹底的に調 査されるべきである。-モデレーター AS

HealthMap/ProMED map:
Sarawak, Malaysia: http://healthmap.org/promed/p/2565]
******
[3] Thailand (Surin): human, cat suspected

タイ(スリン):人、猫の疑い症例 Date: Fri 21 May 2021

page5image7822656 page5image7822848

日付:2021 年 5 月 21 日(金)
Source: Pattayatoday.net [abridged, edited] 情報源:Pattayatoday.net(要約、編集済)
https://pattayatoday.net/rabies-claims-the-life-thai-woman-surin/

A 39-year-old woman in the northeastern Thai province of Surin died the day before yesterday (19 May 2021) of rabies after being in close contact with 3 stray cats that had already passed away [see comment]. タイ北東部のスリン県に住む 39 歳の女性が、一昨日(2021 年 5 月 19 日)、すでに死 亡していた野良猫 3 匹と接触した後、狂犬病で死亡した[コメント参照]。

The family of 4 has 12 cats and 2 dogs, but the animals have never been vaccinated against rabies.
家族 4 人で 12 匹の猫と 2 匹の犬を飼っていますが、動物たちは一度も狂犬病の予防接 種を受けたことはない。

On 7 May 2021, the woman developed a sore throat, became tired, and was unable to drink water. Her husband took her to Samrongtap Hospital for a check-up. 2021 年 5 月 7 日、女性は喉の痛みを感じ、疲労感があり、水を飲むことができなかっ た。彼女の夫は彼女を Samrongtap 病院に連れて行き、診察を受けさせた。

She rested at home on 11 May [2021], but the symptoms got worse. Her husband
took her back to the hospital, and the doctor gave her pills for stomach
problems and to relieve stress. His wife was later unable to drink water, and
her husband took her back to the hospital. When her situation deteriorated,
the woman was sent to Surin hospital.

5 月 11 日(2021 年)、自宅で安静にしていたが症状が悪化した。夫は彼女を病院に連 れて行き、医師は彼女に胃とストレスに対する薬を与えた。その後、妻は水が飲めなく なり、夫が再び病院に連れて行った。症状が悪化したため、女性は Surin 病院に送られ た。

She was there in an emergency room from 11-12 May [2021], and a doctor said
she had a serious lung infection. As the situation worsened, the doctor sent
samples of the woman's saliva, urine, and hair for examination to the Medical
Sciences Department in Nonthaburi Province.Unfortunately, the woman came to
the end of her life.

彼女は 5 月 11 日から 12 日にかけて救急治療室に入院しており、医師は彼女が重篤な肺 の感染症にかかっていると述べた。状況が悪化したため、医師は女性の唾液、尿、髪の

毛のサンプルを Nonthaburi 県の医学研究所に送って検査した。残念ながら、この女性 は死亡した。

The Surin Public Health Office said that a person bitten by a rabid dog normally almost always dies. To stop the problem, pet owners should take their animals to the vet at all times to get an injection for rabies.

スリン公衆衛生局は、通常、狂犬病の犬に噛まれた人はほとんど死亡すると述べてい る。この問題を食い止めるためには、ペットの飼い主は常に動物を動物病院に連れて行 き、狂犬病予防接種をしてもらう必要がある。

Communicated by:
Mahmoud Orabi
ahstandards@gmail.com

Surin is one of 13 provinces declared by the Thai Department of Livestock Development as "rabies red zones" (March 2018) after the disease spread to several parts of the country. The Department stated that these provinces include Surin, Chon Buri, Sumut Prakan, Chachoengsao, Nan, Buri Ram, Ubon Ratchathaini, Chiang Rai, Rot Et, Songkhla, Rayong, Tak, and Sri Sa Ket. The department also announced rabies-prone areas in 42 other provinces. A map of the 13 provinces and more information can be found at https://www.bangkokpost.com/thailand/general/1422947/13-provinces-are-rabies- red-zones.

スリン県は、狂犬病が国内のいくつかの地域に広がったことを受けて、タイ家畜開発局 が「狂犬病レッドゾーン」と宣言した 13 県のうちの 1 つである(2018 年 3 月)。同局 は、これらの県には、スリン、チョンブリ、サムットプラカーン、チャチェンサオ、ナ ン、ブリラム、ウボンラチャタイニ、チェンライ、ロットエト、ソンクラー、ラヨン、 タック、スリサケットが含まれると述べている。また、同局は他の 42 県の狂犬病多発 地域を発表した。13 県の地図と詳細情報は以下を参照して欲しい。

The "background information" above has been provided by the submitter,Dr Orabi, who is gratefully acknowledged. - Mod.AS

上記の「背景情報」は、投稿者である Orabi 博士から提供されたものであり、感謝の意 を表します。:モデレーター AS

HealthMap/ProMED map:
Surin, Surin Province, Thailand:
http://healthmap.org/promed/p/8252]
page7image7828416 page7image7829568 page7image7817088page7image7821120
******
[4] Ukraine (Sevastopol): fox suspected, human exposure

ウクライナ(Sevastopol):キツネの疑い症例、人への暴露
Date: Sat 22 May 2021
日付:2021 年 5 月 22 日(土)
Source: Vestnikkavkaza.net [edited]
情報源:Vestnikkavkaza.net(編集済)
https://vestnikkavkaza.net/news/Fox-with-rabies-bites-child-in-Sevastopol.html

Today [Sat 22 May 2021], a child was bitten by a wild fox infected with rabies in Sevastopol. Due to this, the quarantine was introduced in one of the municipal districts of the city, the press service of the Sevastopol government reports.

本日[2021 年 5 月 22 日(土)]、Sevastopol で狂犬病に感染した野生のキツネに子供 が噛まれる事件が発生した。このため、同市の自治体地区の一つに検疫が導入された と、Sevastopol 政府の広報部門が伝えている。

"Restrictive measures (quarantine) due to rabies are carried out in the Balaklava municipal district of Sevastopol, on the territory of which the village of Flotskoye is located," the report reads, RIA Novosti reports.
RIA Novosti の報道によると、「狂犬病による制限措置(検疫)は、Sevastopol の Balaklava 自治体地区で行われており、その域内に Balaklava 村がある」とのことであ る。

The sick fox died, and the child was taken to the emergency room of the 5th city hospital, where he received the necessary medical assistance: doctors examined the injured boy and treated the wound, and the chief freelance infectious disease specialist of the Southern Federal District consulted his parents.

病気のキツネは死亡し、子供は第 5 市立病院の救急治療室に運ばれ、必要な治療を受け た。医師は負傷した男の子の診察と傷の治療を行い、南部連邦管区の非専属の感染症専 門医のチーフが両親と相談した。

Communicated by:
ProMED
promed@promedmail.org

It will be interesting to note if the biting "sick fox" was isolated prior to its death and if rabies was eventually lab confirmed. -Mod.AS 咬みついた「病気のキツネ」が死ぬ前に隔離されていたかどうか、そして最終的に狂犬 病が実験室診断されたかどうかは興味深いところである。-モデレーター.AS

HealthMap/ProMED map:
Flotskoye, Sevastopol City, Ukraine:
http://healthmap.org/promed/p/68385]
******
[5] Tunisia (Sfax): human, dog

チュニジア(Sfax):人、犬
Date: Mon 24 May 2021
日付:2021 年 5 月 24 日(月)
Source: Diwan FM [in Arabic, trans. Mod.SF, edited] 情報源:Diwan FM(アラビア語翻訳 モデレーターSF、編集済)
https://cutt.ly/Kntybs0

Last week [week of 17 May 2021], a man from the village Gargour of the Agrib commune of Sfax governorate died at the age of 76 years after being bitten by his dog infected with rabies, according to the Diwan FM correspondent. 先週(2021 年 5 月 17 日週)、Sfax 州 Agrib の Gargour 村に住む男性が、狂犬病に感染 した飼い犬に咬まれ、76 歳で死亡したと Diwan FM の記者が伝えた。

The same source added that the man and his wife were bitten. The man did not vaccinate against rabies, which led to his death 40 days later. On the other hand, his wife received the vaccination and monitored her condition and is now in good health, according to the same source. 同じ情報源は、男性とその妻が噛まれたと付け加えた。男性は狂犬病のワクチンを接種 しなかったため、40 日後に死亡したと伝えている。一方、妻は予防接種を受けて体調 を観察し、現在は健康状態が良好とのことである。

The Agriculture Department turned to the dog vaccination process at the village of Gargour, while the National Guard, in coordination with the municipality, launched a campaign to eliminate stray dogs.
農務省は Gargour 村での犬のワクチン接種作業に目を向け、国家警備隊は自治体と連携 して野良犬を排除するキャンペーンを開始した。

Communicated by:
ProMED
promed@promedmail.org
via

ProMED-MENA

promed-mena@promedmail.org
[HealthMap/ProMED map:
Gargour, Safaqis, Tunisia: http://healthmap.org/promed/p/68380

The newswire above reports the 4th human case of rabies registered in 2021. More information about previous human cases registered during the current year [2021] in Tunisia can be found in PRO/MENA archive
no.
http://promedmail.org/post/20210519.8370247>. - Mod.SF 上記のニュースワイヤーでは、2021 年に登録された 4 件目の人の狂犬病症例が報告さ れている。チュニジアで今年度[2021 年]に登録された過去のヒトの症例についての詳 細は、PRO/MENA アーカイブを参照のこと。モデレーター SF

The elimination of human deaths from dog-mediated rabies is entirely possible, yet rabies is considered to still kill nearly 60 000 people per year, almost half of them children. Today, rabies is a disease of poverty. The poorest and most marginalised are most at risk, not only from the trauma of dog bite and risk of death, but by rabies' harsh economic consequences, estimated to be over USD 8.6 billion per year.Many die due to high treatment costs or lack of access to post-exposure prophylaxis (PEP). Mass dog vaccination is a proven, cost-effective way to save human lives by stopping transmission of rabies at its source. While a variety of animal species can host rabies, dogs are responsible for 99% of human cases. Disease models and real-world experience show that sustained vaccination coverage of 70% of dog populations is sufficient to stop transmission of the disease between dogs, and from dogs to humans. Eliminating rabies in dogs is therefore key to sustainably preventing human disease. 犬から感染する狂犬病による死者をなくすことは十分可能であるが、それでも狂犬病は 年間 6 万人近くの人命を奪っており、その半数近くが子供であると考えられている。今 日、狂犬病は貧困の病気である。最も貧しく疎外されている人々は、犬に噛まれたとき のケガや死亡のリスクだけでなく、狂犬病がもたらす厳しい経済的影響(年間 86 億米 ドル以上と推定される)によって、最も危険な状態に置かれている。犬への集団予防接種は、狂犬病の感染を根源から防ぐことで人命を救うことができる費用対効果の高い方 法である。狂犬病は様々な動物種感染源となるが、人の感染の 99%は犬が原因であ る。疾患モデルと実際の経験から、犬の個体群の 70%にワクチンを持続的に接種すれ ば、犬同士および犬から人への狂犬病の感染を阻止できることがわかっている。したが って、犬の狂犬病を撲滅することは、人間の狂犬病を持続的に予防するための鍵とな る。

The information was included in the introduction to a global plan for rabies control and elimination which was agreed by FAO, OIE, and WHO in "Zero by 30: The Global Strategic Plan to End Human Deaths from Dog-mediated Rabies by 2030" ("Zero by 30";
https://www.oie.int/app/uploads/2021/03/zero-by-30-final-130618.pdf).

Key elements include improved access to PEP, especially for the poorest, as well as mass dog vaccination, improved disease reporting, and surveillance tools and community education and outreach.
この情報は、FAO、OIE、WHO が「Zero by 30: 2030 年までに犬を感染源とした狂犬病に よる死者をなくすための世界戦略計画」("Zero by 30")で合意した狂犬病の制御と撲 滅のための世界計画の紹介の中に含まれている。 https://www.oie.int/app/uploads/2021/03/zero-by-30-final-130618.pdf) 主な要素としては、PEP へのアクセス改善、特に貧困層へのアクセス改善、犬への大規 模なワクチン接種、疾病報告の改善、監視ツールや地域社会への教育・支援活動などが ある。

"Zero by 30" was planned to include 3 phases:
- Phase 1 ('start up'), 2018-2020, 29 countries, the funding requirements for which estimated at USD 16.5 million;
- Phase 2 ('scale up'), 2021-2025, adding 52 countries in rabies elimination, to give a total of 81 out of 100 endemic countries;
- Phase 3 ('mop up'), 2026-2030, engaging the 19 remaining endemic countries in the rabies elimination efforts, as communities, nations and regions advance to reach Zero by 30.
"Zero by 30 "は、3 つのフェーズからなる計画である。
- フェーズ 1(「スタートアップ」):2018 年から 2020 年。29 カ国が参加し、必要な 資金は 1,650 万米ドルと見積もられている。
- フェーズ 2(「スケールアップ」):2021 年から 2025 年。狂犬病撲滅のために 52 カ 国を追加し、流行国 100 カ国のうち 81 カ国とする。

- フェーズ 3(「モップアップ」):2026 年~2030 年。残りの流行国 19 カ国を狂犬病 撲滅活動に参加させ、コミュニティ、国、地域が 30 年までにゼロになるように進め る。

A report of 3 Mar 2021 on the situation of "Zero by 30" at the end of 2020 is included for download in WHO's technical document "United against rabies forum: zero by 30: one health in action", at
https://www.who.int/publications/i/item/WHO-UCN-NTD-VVE-2021.1. The document
includes data from several countries and the following statement:

2020 年末の「Zero by 30」の状況に関する 2021 年 3 月 3 日時点での報告書は、WHO の 技術文書「狂犬病対策連合フォーラム: zero by 30: ワンヘルスアクション」に含ま れ、以下からダウンロードできる。 https://www.who.int/publications/i/item/WHO-UCN-NTD-VVE-2021.1。この文書には、 いくつかの国のデータと以下のような記述が含まれている。

"While a number of countries have drawn up national rabies control programmes, key actions, including sustained mass dog vaccination campaigns, surveillance and reporting, remain limited. The coronavirus pandemic has further hindered progress. Overwhelmed public health systems have less capacity to treat potential cases of rabies exposure and individuals bitten by dogs have been less likely to seek help. Medical supply chains have been disrupted and dog vaccination
campaigns cancelled or postponed. Laboratory services for rabies have been reduced, surveillance capacity has been redirected, and in-country training and community outreach activities have been
suspended or cancelled.

多くの国が狂犬病対策の国家プログラムを策定しているが、犬への持続的な集団予防接 種キャンペーン、監視・報告などの主要な活動はまだ限定的である。また、コロナウイ ルスの大流行により、進展がさらに妨げられている。疲弊した公衆衛生システムでは、 狂犬病に感染した可能性のある症例を治療する能力が低く、犬に噛まれた人が助けを求 める可能性も低くなっている。 医療サプライチェーンが寸断され、犬のワクチン接種キャンペーンが中止または延期さ れている。狂犬病の検査室サービスは縮小され、サーベイランス能力はコロナウイルス に振り向けられ、国内でのトレーニングやコミュニティ・アウトリーチ活動は中断また は中止された。

"Yet the interdependence of human, animal, and environmental health has never been more evident. The world needs to make One Health a reality. At a time when zoonotic disease and One Health are at the forefront of the global agenda, United Against Rabies is bringing multiple sectors together."

"しかし、人間、動物、環境の健康が相互に依存していることは、今までにないほど明 確になっている。世界は、ワン・ヘルスを実現する必要があるー。人獣共通感染症とワ ン・ヘルスが世界的な最前線の課題である現在、United Against Rabies は複数の活動 分野をまとめている。"

Hopefully, "Zero by 30" will manage to return to its operational mode the soonest, in tandem with improvement on the COVID-19 front. - Mod.AS]
COVID-19 の克服と、"Zero by 30 "が一日も早く活動状態に戻ることを願う。- モデレーターAS

[See Also:
Rabies (10): Eurasia, Armenia (TV) dog, OIE
http://promedmail.org/post/20210510.8354285
Rabies (06): Eurasia, Armenia (KT) dog, OIE
http://promedmail.org/post/20210326.8269347
Rabies (07): Asia, Pakistan (SD) human, Israel (HZ, HD) dog, spread
http://promedmail.org/post/20210425.8327732
Rabies (06): Eurasia, Armenia (KT) dog, OIE
http://promedmail.org/post/20210326.8269347
2020
----
Rabies (32): Asia (Malaysia, Bhutan) human, dog
http://promedmail.org/post/20201205.7995796
Rabies (24): Europe (Russia) animal, Asia (China) cattle
http://promedmail.org/post/20200817.7685155
Rabies (21): Asia (Kazakhstan) cattle, OIE
http://promedmail.org/post/20200722.7601954
Rabies (19): Asia (Malaysia, Indonesia, Japan ex Philippines) animal,
human http://promedmail.org/post/20200628.7517416
Rabies (16): Asia (Israel) cattle, regional aspect, control
http://promedmail.org/post/20200606.7433999
Rabies (14): Europe (Bosnia & Herzegovina) dog, OIE
http://promedmail.org/post/20200602.7419101
Anthrax, rabies - Kazakhstan: spatial ecological review
http://promedmail.org/post/20200416.7233488
Rabies (09): Eurasia, Armenia (SU) dog, OIE
http://promedmail.org/post/20200407.7192837
Rabies (07): Eurasia, Armenia (TV) dog, OIE
http://promedmail.org/post/20200316.7097277
Rabies (05): Asia (Israel, Bangladesh) animal, human
http://promedmail.org/post/20200219.7005843
Rabies (04): Europe (France) dog, ex Morocco, OIE
http://promedmail.org/post/20200219.7004578
Rabies (01): Europe (Spain) dog, OIE
http://promedmail.org/post/20200123.6911125]
.................................................sb/sf/arn/tw/jh/mj/jh